top of page

【活動報告】2024.03.03 おてら食堂

3月3日お雛様の日、おてら食堂キッチン担当で参加させて頂きました。

メニューは

・ちらし寿司

・軟骨入りつくね

・豚汁 

・オクラのおかかあえ

・サラダ

・晴れ間さんの子供達手作りの可愛い御難おにぎり

・ひなあられとお菓子

ちらし寿司ご飯は、お寺さんお近くにお住まいボランティアの方が大量のご飯に少しづつ合わせ酢を混ぜて丁寧にすし飯にして下さいました。

トッピングの錦糸卵は、大量の卵を6個づつに分け、舌触りを良くする為に一度濾してから、お砂糖・お酒・塩で味付けし薄焼きに。 くっつかない様にお皿に広げて冷まし、キッチン担当チーフが幅を揃えて千切りに。

豚汁は、ご寄付頂きましたアイリスオオヤマさんの非常食缶詰で20人分が1缶に。 具が沢山入っていて、温めてるだけで食べられるので便利な一品に更にキノコをプラス。

冷凍つくねは油で揚げ、たっぷりサラダは彩り良く、また幅広い年齢層に合わせてきゅうりは薄く切り、ドレッシングもオリジナルで。 キッチンボランティアの皆さん手を休める事なく大忙しの中、無事にお料理が完成。

渡辺代表と和尚さんのご挨拶の後、食事タイム。

食後は、紙芝居文化推進協議会会員杉山さん達の楽しいイベント。 ひな祭りに合わせて大人から子供迄楽しめる演目を考えて頂き、わざわざ横須賀市児童図書館の書庫に眠っていた作品を借りて来て頂きました。

子豚達のお人形と共に皆んなで歌いながらのオープニングの後、お雛様の歌を合唱。 そして紙芝居に。

タイトルは

『ひなのやまかご』

『まんまるまんま たんたかたん』

子供達は前に集まり楽しそうにイベントに参加して下さり、大人の方々は懐かしそうに歌われていました。

今回大人38名子供11名、スタッフは晴れ間の子どもたち6名を含めて20名と大勢の方のご参加、ありがとうございました!

そして受付や会場設置等のボランティアスタッフの皆様、おつかれさまでした!

Comments


bottom of page